効果的なお昼寝の仕方


睡眠

午後の仕事がだるく感じる、午後から急に眠くなったり、そういった経験はだれにもあるはず。それって実は、生き物は夜行性昼行性問わず一日に2回午前二時頃と午後二時頃に強い眠気を覚えるそうです。

そうすると、「おひるね」って日常生活において必要な時間になりますよね。

では、どれくらい「おひるね」をすればいいのでしょうか。

おひるね

30分以内のコンパクトな「おひるね」が望ましいそうです。このくらいの時間ならば夜の睡眠にも影響は及びませんし、短時間の睡眠ならば眠りが深くなりすぎず、目覚めがよいはずです。

更に睡眠をとる前にコーヒーを飲むなどもおすすめです。カフェインは、吸収されるのに30分程度の時間を要するため、起きたタイミングでカフェインの覚醒効果が発揮されます。こういった工夫も仕事の効率化につながりますね。


リラックス

また、仕事に集中し続けていると一部の脳細胞はとても活発状態になります。その状態が続くと、脳がオーバーヒートしてしまいます。小さな見落としや些細なミスが多発して、必然的に仕事の効率が落ちてしまいます。


脳の活動限界にも睡眠は有効です。仕事の手を止めいったん席を立ったり、軽く休憩を入れたりするよりも、「おひるね」をしたほうがストレス源を一時的にシャットアウト出来るため、より効率よく脳を休ませることが出来ます。上記のことを踏まえると「おひるね」がとても有意義なものに思えてきますね。



アビス・クノでは、おひるねピロー“konemuri”(こねむり)のコーナーをご用意しております。

お昼寝グッズ

「おひるね」も、変な寝姿勢になると、目覚めたときに首や肩のコリなどを感じ、不快な目覚めになってしまうこともあったりしますよね。せっかく昼寝をしたのに…。ということにならないよう、おひるねピロー“konemuri”(こねむり)と一緒に日々の生活に「おひるね」という習慣を取り入れてみましょう。